道産子×ひとり言

趣味等々。統一感のない自己満足です。

インドカレー屋に行って後悔した話。

帰省が終わり、再び一人暮らし生活。

当然家には食いものがなく、さっきふらっと近くのインドカレーの店に初めて行ってきた。

 

頼んだのはチキンカレーの甘口にライス。

 

インドカレー屋といえば、珍しいカレー、激辛、特大ナンのイメージである。

 

僕は普通で良かった。普通に美味しいカレーライスが食べられれば十分だと思った。

他にいた客は一人で来ていた東南アジアの雰囲気を漂わせた若い女性一人と仕事終わりのような若いサラリーマン3人の2組だけだった。

 

他の客は既に食べていたため、すぐに来るだろうと思っていた。

しかしなかなか来ず、待つこと20分。

「オマタセシマシター、サラダー、ライスー、チキンカレーデース」

 

カタコトのインド人(?)の女性が運んできてくれた。

 

これは美味いに違いない。そう思い1口食べた。

 

でもな……そのカレーはな……

 

 

味が全然せんかったのじゃ。

 

期待が一気にしぼみ、失望。悲しいという感情さえ呼び起こした。

 

こうなるともうネガティブ思考が止まらない。

 

こんな美味しくないカレーは初めて食ったわ、神は普通のカレーすらも食べさせてくれないのか、ああコンビニ弁当の方がマシだった、これに950円も払うのか、こんな店二度と来るか

 

そんな考えが巡るのだが、やるせない気持ちになるのは、一番後悔しているのはこの店に入ったことではない、そう気づいているからだ。

 

 

なんでもっと珍しいカレーにしなかったんだーーー!

なんでナンではなくライスにしたんだーーー!

中辛くらいならいけただろーーー!

 

守りに入った自分を責めた。ただ味の薄い普通のカレーにお金を払うことになったから。

 

他のカレーが美味しかったのかは分からない。

でも少なくとも、インドカレーは不味い、辛すぎると勉強になったであろう。

こんなブルーな気持ちにはならなかったはずと思う。本当にやるせない。

 

 

 

…とはいいつつ珍しいカレーが不味かったら、それはそれで絶対後悔してるだろうなと思う。

 

……自分の機嫌とり、難しいな。

 

f:id:kuriboo1999:20190318215520j:image

ブランド品を身につける人の気持ち

最近、モノ、とくに衣服に関して少し考えるようになった。ブランドがある品を身につける良さにきづいてしまったのである。

 

小学校の頃はほぼ毎日ジャージ。

 

中学は制服だったため私服はほとんど持っておらず、どこのメーカーかも分からないジーンズにパーカー。靴に関しては中学3年間、野球用のトレーニングシューズを毎日はいて通学していた。

 

周りもそんなものだったし、特段服が欲しいと思ったこともなかった。

 

 

そんな中、高校に入るとファッションの話題にふれる機会が増えた。目に見えてオシャレになっていたと思う。

通学一つにしても、スニーカー、アウター、リュックサックに「NIKE」「Columbia」「the north face」といったロゴを目にすることも多くなった。

 

といっても自分にはそこまで価値を見いだせなかった。

聞きなれないブランド名に憧れを抱きつつも、その価格をみて驚いたのは1度や2度ではない。最終的にはよくそんなものに1万も2万もだすなぁ。みんなが同じブランドを着て個性というものがなくなるじゃないか と斜めに見ていた。

 

そして大学生になり、バイトを始め、親の援助もあり少しお金に余裕が出来るようになった。

そこでこの冬に初めて、コロンビアのアウターを買ってみた。価格は1万5000円。

衣服はどんなに奮発しても7000円までだった自分には破格だった。

 

買った時は少し後悔する気持ちもあったのだが、いまは全く思わない。

むしろ買って本当に良かったと思っている。

 

なぜか。

当たり前といえば当たり前。それには値段相応の品質があった。

見た目はペラペラのアウターなのだが、重量感があり風を感じない。

ずっとウィンドブレーカーを着ていた自分には衝撃的だった。

 

そして心境にも変化があった。

良いものを着ると自信がみなぎってくる。

服が自分をより良く見せてくれているという期待がそうさせるのだろう。

 

「外見は一番外側の中身」とはまさにその通りなのだと思える。

 

自分が好きなものを身につけるのは当然。

 

だけど、少しだけ、ほんの少しだけ冒険してみると新しい発見があるかもしれない。

プロ野球順位予想2019~セ・リーグ編~

今月末開幕のプロ野球。素人が勝手に順位予想、セ・リーグ編。

 

  1. 横浜DeNAベイスターズ
  2. 広島東洋カープ
  3. 読売ジャイアンツ
  4. 東京ヤクルトスワローズ
  5. 阪神タイガース
  6. 中日ドラゴンズ

 

 

無難なパ・リーグ予想に比べて、セ・リーグは大胆に予想してみた。

 

優勝、横浜DeNAベイスターズ

プロスピaでの順位予想を見てみると優勝予想は3パーセントほど。(ちなみに広島50%、巨人35%)

理由は強力打線。実績のあるロペス、筒香、宮崎、ソトに加えて桑原、梶谷が能力通りの活躍が出来れば一気に厚みが増す。投手陣も今永が復調気配で東、濱口、井納と充実。守護神山崎を中心にリリーフ陣も比較的安定している。正直今年の優勝は横浜一択だとすら思った。

 

他のチームの穴は大きい。広島の先発陣、巨人のリリーフ陣、ヤクルトの主力の高齢化(好きな球団なので頑張って欲しいのだが)、阪神の大砲不足、中日のガルシアの穴埋め。

 

今年は1位から最下位まで混セになるのは間違いないとみているが、横浜が頭ひとつ抜け出す気がしてならない。

 

 

…外したら恥ずかしいな

 

 

※個人の見解です。

プロ野球順位予想2019~パ・リーグ編~

いよいよ3月29日にプロ野球が開幕する。という訳で素人ながら順位予想を。

まずはパ・リーグ

 

  1. 北海道日本ハムファイターズ
  2. 福岡ソフトバンクホークス
  3. 埼玉西武ライオンズ
  4. 東北楽天ゴールデンイーグルス
  5. 千葉ロッテマリーンズ
  6. オリックスバファローズ

 

MVP 近藤健介

新人王 山野辺翔

 

 

 

まあ、無難な予想なのではないだろうか?

 

優勝予想はファイターズ

→西川、近藤といった好打者、中田、大田といったホームランバッターまで役者揃い。レアードが抜けたとはいえ、王柏融と成長著しい清宮(骨折が心配ですが)で穴を感じさせない破壊力を見せるのではないだろうか。

 投手陣は金子の加入が大きい。マルティネス、上沢、金子の三本柱に加え有原や加藤の安定が望まれる。

 

やはり対抗馬はソフトバンクと西武で優勝する力は十分にあると思う。

ソフトバンクは今年も安定的な強さを見せるのではないか。近年、登板過多のリリーフ陣のやりくりとベテランの域にさしかかる松田、内川が例年通りの活躍が出来るかが鍵となりそうだ。

西武の打線には浅村の穴を感じさせない迫力がある。それだけに投手陣の奮起が必須だ。ストーブリーグで投手陣を中心的に補強していたが、未知数。エース菊池雄星の移籍がどの程度影響するか。

 

 

今年のパ・リーグも三強三弱となりそうな予感。パ・リーグには投打の核となる選手が各球団にいるため、新戦力の台頭が優勝への近道だろう。

 

 

※いち野球ファンの見解です。

かつてない激痛で歯医者に行った話

これは去年の5月頃の話。

ある朝起きて水を飲むと右の奥歯に染みる。

虫歯かなと思ったものの放置していた。何故なら、歯医者が嫌いだから。

虫歯は放置しておけば治る。カロリーゼロ理論的な考えを持っていた節もある。

 

それから1週間ほど経った夜中、異変に気づいた。

…歯がズキズキする…!

 

寝れない程の痛みで緊急病院に行こうか迷う程で。結果、都合上3日後に予約をした訳だが、その3日間は地獄だった。

常に痛む訳ではなく、ヤツは急にくるのだ。

例えば食事中。間抜けな僕は食事に集中し歯の痛みの事など微塵も覚えていない。そこで右の奥歯で噛んだ瞬間、激痛に襲われるのである。

あるいは風呂上がり。牛乳を飲み干した後にやつはくる。

 

僕は歯、または神経が腐ってるのではないかと思い、入れ歯になることも覚悟しての歯医者訪問だった。むしろ痛みが無くなるのならそれでも構わないとすら思った。

レントゲンや虫歯チェックを終えての先生の一言は忘れられない。

 

あー知覚過敏ですねぇー

 

 

…ん?それだけ?

ここまで拍子抜けしたことはなかった。

こちとら歯を抜く覚悟すらしてきているのに…。たかが知覚過敏で歯医者に来たのかよ恥ずかしいなどと。

そんな僕に追い討ちをかけるように先生は言った。

 

「とりあえず様子見で」

 

 

 

てなわけで激痛地獄はその後も何日か続くと思ったのだが。

市販に神経痛に効く薬があると知り、それを飲むと直ぐに痛みが引き、最初から飲んでおけばなあと思ったのは歯医者に行った翌日の話。

 

ちなみにそのとき歯医者に行って虫歯が三本見つかった。いずれも早期発見で大事には至らなかったのが幸い。

あの激痛がなければ虫歯を悪化させていたのかと思うといいきっかけだったのかなと。

 

 

 

定期診察に行きましょう。歯は大切に。

 

 

電動歯ブラシ「ドルツ」特別お題キャンペーン #はてなブログ歯みがき週間 「私の歯みがき」

バナー
Sponsored by Panasonic

キャッチに捕まり初めて相席居酒屋に行った話②

前回の続きです!

http://kuriboo1999.hatenablog.com/entry/2019/03/14/160344

 

お兄さんに連れられて店で受付を済ませ部屋へと案内されました。

その店はカラオケ型の店でした。

…もしかしたら居酒屋じゃなくて相席屋だったかもしれません…

 

その部屋で10分ほど待っているとついに女の子が来ることになります。

 

来たのは20代前半の女性。

顔は…まあ…、あえて言うなら、赤点回避ですかね。

 

このときの僕は

高い金をぼったくられるのではないか?

もしかしてサクラでは?

など負の感情しかなかった。

 

女性に飲まないの?と言われ初めて1時間飲み放題ということを知りました。

てっきり酒代は別なのかと…。お恥ずかしい。

 

そこから1時間喋ったり歌ったりしました。

結論から申し上げると…

めちゃめちゃ楽しかった!!

 

お互いの自己紹介や、相席屋らしからぬ、社会人の先輩としての話、デュエット。1時間じゃ足りませんね。延長したくなるのも分かります。まあ、閉店間近なのもあり出たのですが。

 

まさかこんなにも楽しいものだとは正直思いませんでした。

なんせ顔はハズレだっt…ゲホゲホ、失敬。

 

3000円とはいえ、出会いの場としての利用価値は高いのではないでしょうか?

もちろん恋愛という意味だけでなく。

 

とにかく心地よい時間を過ごせたのでまた行ってみたいと思いました。

 

 

 

キャッチに捕まり初めて相席居酒屋に行った話①

繁華街での飲み歩きは田舎モンにとってのロマン。

都会の飲み屋はエネルギーに満ちている。

キャバクラ、風俗、ガールズバー。男の誘惑がそこには当たり前のようにある。

 

てなわけで相席居酒屋に行った話でも書こうかと。

 

場所はすすきの。

男2人で飲み歩き、時間は午前3時。

既に居酒屋とバーで飲み、話のネタは尽きかけていました。

うん、そりゃ2人だと飽きてきますよね。

高校時代の話、近況、雑談。どう考えても4時間も話せば充分です…。

 

終電はとっくに過ぎているしー、ネカフェで仮眠しますかーと話していたとき、キャッチのお兄さんに捕まりました。

 

キャッチは無視に限るのですが、たまに話したくなるのは繁華街あるあるなのでは?

 

 

聞くと相席居酒屋で30分1800円1時間3500円。

 

ちょっと高いよねーと友人と相談。

 

酔って気が大きくなっていたのか、

1時間3000円になりませんか?

と強気の僕。

 

うーん、3000円かぁ。3000円なら来てくれますか?

とお兄さん。

 

いざ考えてみると3000円でも高いよなぁと少し後悔する僕。でも後には引けません。

…はい、行きます。

 

するとお兄さんが電話でお店と交渉。

 

しばらくすると…

ご案内します。とお兄さん!

 

お兄さん有能すぎです。

安くなったとはいえ3000円。

 

絶対断った方が良かったですやん…。

 

そう思いながら初の相席居酒屋に突入するのでした。

 

続く。